ピットストップとは、緻密な計算並びに全スタッフの統一された動きのもとに行われる、わずか2秒という時間の中でFormula1チームのスキルが試される作業だ。レースという多大なプレッシャーの中、ほんの一瞬の間に全ての作業を正確かつ可能な限りスムーズに行う必要がある。その作業の“速さ”を競うランキングにて今シーズン、我々スクーデリア・アルファタウリは3位を獲得、そしてファミリーであるオラクル・レッドブル・レーシングは5年連続で1位を獲得した。

ランキング一覧はこちら:

今シーズンのベストパフォーマンスは、雨が降り注ぐ日本GP 鈴鹿にて記録され、その日のファステスト・ピットストップとなったピエール・ガスリーの2.45秒。また角田裕毅のピットストップも、その日3番目に速い記録となった2.52秒であった。チームスタッフによる最高に素晴らしい仕事だ!