ピエール・ガスリー (AT03-04, Car 10)
Third Practice Session – Best lap: 1:33.889, pos. 2nd, 18 laps
Qualifying – Best lap: (Q1) 1:34.492, pos. 16th

今日の予選はとても悔しいし、フラストレ―ションを感じています。 FP3が私たちにとって素晴らしい内容だったので、今日の午後はうまく運べると期待していました。しかし、期待はずれの予選となってしまいました。 順調にQ1がスタートし、パフォーマンスにとても満足していました。しかし、ピットに入った後、ブレーキに問題が発生し、それが非常に深刻だったことでQ2に進めませんでした。 現状は明らかに難しい状況ですが、明日どうすれば巻き返せるのかを考えるために、洗いざらい分析します」

角田裕毅 (AT03-02, Car 22)
Third Practice Session – Best lap: 1:36.261, pos. 17th, 27 laps
Qualifying – Best lap: (Q1) 1:36.575, pos. 20th

「今週末はエンジン交換ペナルティを受けるので、今日は2周だけ走るプランでした。 予選のコンディションはFP3より非常に悪く、路面に水が溜まっていたのでリスクを冒したくありませんでした。 週末を通して決勝にフォーカスすることが私たちのプランです。そのため、レースで可能な限りオーバーテイクできる強力なマシンにセットアップできることを期待しています」(*原文英語)

ジョディ・エギントン (Technical Director)

「裕毅は、新しいPUを導入したことでグリッドペナルティを受けたため、予選での走行を意図的に制限しました。 一方、FP3で堅実な走りを見せたピエールは、競争力のある結果を期待していました。しかし 苛立たしいことに、予選でフロントブレーキにかなり深刻な問題が発生してしまいました、フロントが頻繁にロックするなど、ブレーキ性能が安定せず、マシンのパフォーマンスを引き出すことができなかったのです。そのため、Q1を突破することができませんでした。 問題の根本原因を分析する必要があります。 さらに、私たちは明日の決勝に向けて十分なポジションを失っていると言えるでしょう。この状況から可能な限り巻き返すために、できるだけ多くのチャンスを活かして順位を上げ、中団の戦いに入り込む必要があります」

セッション最終結果

POSDRIVERTEAMTIME
1Max VerstappenRed Bull Racing RBPT1:21.299
2Fernando AlonsoAlpine Renault1:21.944
3Carlos SainzFerrari1:22.096
4Lewis HamiltonMercedes1:22.891
5Kevin MagnussenHaas Ferrari1:22.960
6Mick SchumacherHaas Ferrari1:23.356
7Esteban OconAlpine Renault1:23.529
8George RussellMercedes1:23.557
9Daniel RicciardoMcLaren Mercedes1:23.749
10Guanyu ZhouAlfa Romeo Ferrari1:24.030
Q2
11Valtteri BottasAlfa Romeo Ferrari1:26.788
12Alexander AlbonWilliams Mercedes1:26.858
13Sergio PerezRed Bull Racing RBPT1:33.127
14Lando NorrisMcLaren MercedesDNF
15Charles LeclercFerrariNo Time
Q3
16Pierre GaslyAlphaTauri RBPT1:34.492
17Sebastian VettelAston Martin Aramco Mercedes1:34.512
18Lance StrollAston Martin Aramco Mercedes1:35.532
19Nicholas LatifiWilliams Mercedes1:35.660
20Yuki TsunodaAlphaTauri RBPT1:36.575