ピエール・ガスリー

決勝結果:10位

「今日のレースには非常に落胆している。僕たちが手にするべき結果ではなかった。ランド(ノリス)の後方、アストーンマーティン勢の前方で素晴らしいレースができていたけれど、早めのピットインで大きなリスクを取ったことで、いくつか順位を落としてしまった。なぜこの判断をしたのかについては完全に納得できていないので、すべてを振り返ってミスから学ぶつもりだ。間違いなく取れていたはずのポイントを落としてしまったのでかなり悔しい。チャンピオンシップでの順位争いにおいては特にね。順位を上げるビッグチャンスがあったのに逃してしまった」

 

角田裕毅

決勝結果:DNF

「今日のコンディションは非常にトリッキーで、インターミディエイトからスリックへ交換するタイミングの判断が難しかったのですが、早めに交換する判断を下しました。ですので、ドライブが非常に難しくなったのですが、タイムが良くなり始めたので、状況はポジティブでした」

「ですが、不運なことに僕がミスをしてしまいました。ブレーキングポイントを完全に見誤ってしまい、スピードが高いままコーナーへ進入してウォールへ突っ込んでしまいました。ですので、自分に腹が立っています。戻ってから今週末を振り返り、来週の母国レースへ向けて準備を進めていきます。鈴鹿でF1マシンを初めてドライブできることを楽しみにしています」

ジョディ・エギントン(テクニカルディレクター)

「チームとドライバーが週末を通じてハードワークをしたあと、2台で大量ポイントを獲得できるチャンスを最大限活かすことができませんでした。エンジニアリングチームがドライタイヤへの変更を早めすぎたことが原因です。これで2台揃ってポジションを落としてしまい、裕毅は直後にスライドする不運にも見舞われました。結果、完走したマシンが1台だけになり、手にするべきポイントよりもはるかに少ないポイントで終えることになりました」

「チームとしてレースを細部まで振り返り、改良できる部分を見極め、次のチャンスで活かすために必要な学びを得ていくつもりです。今日はしっかりと掴んでおく必要があった大きなチャンスを逃してしまいました」

Session Result

POSDRIVERTEAMTIME
1Sergio PerezRed Bull Racing RBPT2:02:15.238
2Charles LeclercFerrari+7.595s
3Carlos SainzFerrari+15.305s
4Lando NorrisMcLaren Mercedes+26.133s
5Daniel RicciardoMcLaren Mercedes+58.282s
6Lance StrollAston Martin Aramco Mercedes+61.330s
7Max VerstappenRed Bull Racing RBPT+63.825s
8Sebastian VettelAston Martin Aramco Mercedes+65.032s
9Lewis HamiltonMercedes+66.515s
10Pierre GaslyAlphaTauri RBPT+74.576s
11Valtteri BottasAlfa Romeo Ferrari+93.844s
12Kevin MagnussenHaas Ferrari+97.610s
13Mick SchumacherHaas Ferrari+1 lap
14George RussellMercedes+2 laps
DNFYuki TsunodaAlphaTauri RBPT-
DNFEsteban OconAlpine Renault-
DNFAlexander AlbonWilliams Mercedes-
DNFFernando AlonsoAlpine Renault-
DNFNicholas LatifiWilliams Mercedes-
DNFGuanyu ZhouAlfa Romeo Ferrari-