角田裕毅 (AT03-02, Car 22)
Third Practice Session – Best lap: 1:21.449, pos: 15, 22 laps
Qualifying – Best lap: (Q1) 1:20.707, (Q2) 1:20.639, pos.13

「今日はマシンの能力を最大限に引き出せたと思いますので、満足しています。 FP1からは後手に回ってしまいました。特にマイアミと比較すると、このバルセロナではペースで苦労しています。 序盤から、Q3に到達するのは非常に難しいと考えていました。 現状チームにとって最高の週末ではありませんが、明日のレースは全てをまとめられるよう願っています」(*原文英語)

ピエール・ガスリー (AT03-04, Car 10)
Third Practice Session – No Time
Qualifying – Best lap: (Q1) 1:20.719, (Q2) 1:20.861, pos.14

「今朝のFP3ではアウトラップ中に問題が発生し全く走ることができず、今週末はかなり苦労しています。 今日の予選に間に合うようマシンを修復してくれたメカニックのみんなに感謝したいです。彼らはとてもハードワークしなければならなかったはずです。 このコースではペースが足りず、FP3でいろいろ試してみたかったのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。 なので、もう少しスピードを出せるように、予選で何か違うことを試そうと考えていましたが、うまくいかず、難しいセッションとなりました。ただレースは明日ですし、ポイントを獲るのも明日です。 かなり長いレースとなり、特にタイヤのデグラデーションによってピットストップが増えるため、ポイント圏内を狙えるチャンスはまだ十分にあると思います」

ジョディ・エギントン (Technical Director)

「難しい1日でした。このバルセロナで望んでいたマシンの状態でありませんでした。 ドライバーの二人は、予選でマシンから最大の力を引き出そうと頑張ってくれましたが、バランスが適切な状態でなかったためにQ3に進むことができませんでした。この問題を解決することに集中しています。 明日のレースに向け、戦略プランとともに可能な改善策を見つけ出すことが今夜のテーマです。 残念ながらトップ10圏外からスタートになります。過去を振り返ってみてもこのコースでオーバーテイクするのは簡単ではありませんが、ポジションを上げるチャンスを逃さず戦います。 おそらく中団は特に激しい展開となると思いますが、2台ともポイントを獲得することが目標です」

セッション最終結果

POSDRIVERTEAMTIME
1Charles LeclercFerrari1:18.750
2Max VerstappenRed Bull Racing RBPT1:19.073
3Carlos SainzFerrari1:19.166
4George RussellMercedes1:19.393
5Sergio PerezRed Bull Racing RBPT1:19.420
6Lewis HamiltonMercedes1:19.512
7Valtteri BottasAlfa Romeo Ferrari1:19.608
8Kevin MagnussenHaas Ferrari1:19.682
9Daniel RicciardoMcLaren Mercedes1:20.297
10Mick SchumacherHaas Ferrari1:20.368
Q2
11Lando NorrisMcLaren Mercedes1:20.471
12Esteban OconAlpine Renault1:20.638
13Yuki TsunodaAlphaTauri RBPT1:20.639
14Pierre GaslyAlphaTauri RBPT1:20.861
15Guanyu ZhouAlfa Romeo Ferrari1:21.094
Q3
16Sebastian VettelAston Martin Aramco Mercedes1:20.954
17Fernando AlonsoAlpine Renault1:21.043
18Lance StrollAston Martin Aramco Mercedes1:21.418
19Alexander AlbonWilliams Mercedes1:21.645
20Nicholas LatifiWilliams Mercedes1:21.915