ハンガリーGP

ハンガロリンク - BUDAPEST

29/07/2022

FP1: 14:00 - 15:00 / FP2: 17:00 - 18:00

30/07/2022

FP3: 13:00 - 14:00 / 予選: 16:00 - 17:00

31/07/2022

決勝: 15:00

29 - 31 7月

ハンガリーGP

ハンガロリンク - BUDAPEST

開催地時間に変更
現在地時間に変更

29/07/2022

FP1: 14:00 - 15:00 /
FP2: 17:00 - 18:00

30/07/2022

FP3: 13:00 - 14:00 /
予選: 16:00 - 17:00

31/07/2022

決勝: 15:00

ハンガリーGP:基本情報

ハンガリーGPは1986シーズン以来34シーズン連続で開催されており、盛夏のハンガロリンクがその舞台に選ばれてきた。通常、このGPはレースと全チームのファクトリー操業が一時停止するサマーブレイク前直前に開催されるため、シーズンの分水嶺になる。

ドライバーにとっては、ハンガリーGPの優勝トロフィーを手にして休暇を迎えるほど気分の良いものはない。そのため、ハンガリーGPでは全員が好結果を狙うことになる。

尚、最大の成功を収めたセバスチャン・ベッテルをはじめ、チーム出身ドライバー数人がハンガロリンクでF1キャリアをスタートさせているため、ハンガリーGPはチームの歴史の中で特別な位置を占めている。

楽しくも難しいハンガロリンク

F1サーカスが初訪問した1986シーズン当時のハンガリーは “完全に閉ざされていた”  わけではなかったが、武装した国境警備兵、庶民の質素な生活、時代を逆行したかのような街並みなど、東ヨーロッパの様子をわずかに窺うことができたため、「1960年代に買い忘れたものがあるなら、ブダペストへ行けば揃う」とも言われていた。

しかし、素晴らしい歴史的建造物やブダ地区とペスト地区を分かつドナウ川(両地区は複数の美しい橋で繋がれている)などの豊かな自然を除けば、近年のブダペストは活気に溢れる近代都市だ。

ハンガロリンク楽しさと苛立ちが同居するサーキットだ。この曲がりくねった “バリアのないモナコ” のようなサーキットでの1ラップアタックは全ドライバーに楽しいチャレンジを提供するが、数年前にメインストレートが延長されたにもかかわらず、決勝レースでのオーバーテイクが困難なため、しばしばコース上で渋滞が発生している。

2021シーズンのハンガリーGPは、1周目のターン1で多重クラッシュが発生。複数台がリタイアしたあと、最後はエステバン・オコンがF1キャリア初優勝を手にした。2位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位にはカルロス・サインツ(フェラーリ)が入った。

ハンガロリンク

輝かしい過去

F1ハンガリーGPは1986シーズン以来ハンガロリンクで開催されている。しかし、ブダペストで本格的な自動車レースが初開催されたのはF1世界選手権創設のはるか前、1936年だった。ネープリゲト公園で開催されたこのレースはタツィオ・ヌヴォラーリが制した。

ハンガロリンクは幅が狭くてツイスティーなサーキットのためオーバーテイクは簡単ではないが、不可能ではない。ハンガロリンクで演じられた最も有名な逆転劇は、ナイジェル・マンセル(当時フェラーリ)が12番グリッドからスタートして優勝した1989シーズンのハンガリーGPだ。

ハンガロリンクは非常に曲がりくねっているためカート用サーキットと比較されることが多い。ドライバーたちにとっては、息つく暇もなく次々と迫るコーナーを上手くリズムに乗りながらクリアしていくことが重要になる。このため、F1マシンにはモナコと同等のハイダウンフォース・セットアップが用意される。

初開催
1986
周回数
70
サーキット全長
4.381 km
レース距離
306.63 km
ラップレコード
1:16.627 Lewis Hamilton (2020)

WEEKEND TYRE CHOICE

C2
HARD
C3
MEDIUM
C4
SOFT

結果 ハンガリーGP

1Lewis Hamilton Mercedes1:18.374
2George Russell Mercedes1:18.407
3Carlos Sainz Ferrari1:18.434
4Max Verstappen Red Bull Racing RBPT1:18.509
5Lando Norris McLaren Mercedes1:18.653
6Fernando Alonso Alpine Renault1:18.716
7Daniel Ricciardo McLaren Mercedes1:18.775
8Charles Leclerc Ferrari1:18.806
9Esteban Ocon Alpine Renault1:18.866
10Valtteri Bottas Alfa Romeo Ferrari1:18.935
16Yuki Tsunoda AlphaTauri RBPT1:19.240
19Pierre Gasly AlphaTauri RBPT1:19.527
1Max Verstappen Red Bull Racing RBPT1:17.703
2Charles Leclerc Ferrari1:17.768
3Fernando Alonso Alpine Renault1:17.904
4Carlos Sainz Ferrari1:17.946
5Lewis Hamilton Mercedes1:18.035
6Lando Norris McLaren Mercedes1:18.121
7George Russell Mercedes1:18.154
8Daniel Ricciardo McLaren Mercedes1:18.198
9Esteban Ocon Alpine Renault1:18.216
10Valtteri Bottas Alfa Romeo Ferrari1:18.445
1George Russell Mercedes1:17.377
2Carlos Sainz Ferrari1:17.421
3Charles Leclerc Ferrari1:17.567
4Lando Norris McLaren Mercedes1:17.769
5Esteban Ocon Alpine Renault1:18.018
6Fernando Alonso Alpine Renault1:18.078
7Lewis Hamilton Mercedes1:18.142
8Valtteri Bottas Alfa Romeo Ferrari1:18.157
9Daniel Ricciardo McLaren Mercedes1:18.379
10Max Verstappen Red Bull Racing RBPT1:18.823
1Max Verstappen Red Bull Racing RBPT1:39:35.912
2Lewis Hamilton Mercedes+7.834s
3George Russell Mercedes+12.337s
4Carlos Sainz Ferrari+14.579s
5Sergio Perez Red Bull Racing RBPT+15.688s
6Charles Leclerc Ferrari+16.047s
7Lando Norris McLaren Mercedes+78.300s
8Fernando Alonso Alpine Renault+1 lap
9Esteban Ocon Alpine Renault+1 lap
10Sebastian Vettel Aston Martin Aramco Mercedes+1 lap
12Pierre Gasly AlphaTauri RBPT+1 lap
19Yuki Tsunoda AlphaTauri RBPT+2 laps

ALPHATAURI FASHION

カレンダー